オオクワガタ・クワガタ・カブトムシの飼育用品・雑誌の販売、情報交換や交流などはフォーテックBeetlePlazaで!
  1. HOME > ショッピング > G-ブロック3700cc(角型)の詰め替え方 
G-ブロック3700cc(角型)の詰め替え方

 G-ブロック3700cc(角型)の詰め替え

温度があまり高くなく(できれば20℃以下)、できるだけ清潔な環境で作業を行うようにしましょう。

準備するもの

・G-ブロック3700cc(角型)
詰め替える分量だけご用意下さい。
・詰め替え用のガラスビン(又はPPボトル)
・パンナイフ/まな板
・すりこぎ棒
・エタノール(霧吹き)
・使い捨てビニール手袋
・フィルター
・衣装ケース
G-ブロック3700cc(角型)の詰め替え 準備するもの
用品を消毒する

1.用品を消毒する

エタノールで手袋、詰め替え用のガラスビン、すりこぎ棒など、用品を消毒します。ただしエタノールはキノコ菌も殺菌してしまうので、くれぐれも多用はお避け下さい。煮沸消毒でもOKです。

袋を破る

2.袋を破る

袋からG-ブロック3700ccを取り出します。

ブロックの周りの白い皮膜をそぎ落とす

3.皮膜をそぎ落とす

パンナイフで、ブロックの周りを覆っている白い皮膜をそぎ落とします。

皮膜をそぎ落とした様子

そぎ落とした様子です。

ブロックを手でもみほぐす

4.ブロックをもみほぐす

皮膜をそぎ落としたブロックを衣装ケースなどに入れ、手でもみほぐしながら粒状にしていきます。

衣装ケースや手袋の消毒はくれぐれもお忘れなく!

粒状になったブロックです

ブロックが粒状になった様子です。

ビンにオガ粉を入れる

5.ビンにオガ粉を入れる

オガ粉をすくって、ビンの口いっぱいになるまで入れていきます。

すりこぎ棒で詰める

6.すりこぎ棒で詰める

すりこぎ棒で詰め込んでいきます。この作業を口いっぱいになるまで繰り返します。あまり堅くつめすぎると酸欠を引き起こしますので注意が必要です。

肩口をしっかり押さえる

7.肩口をしっかり押さえる

最後にビンの肩口のところを、隙間のないようにしっかりと詰め込みます。
こうすることで菌床を長持ちさせることができます。

ビンの口周辺はきれいにしておきましょう。

フタをして詰め替え完了

8.フタをして完了

フタとビンの間にフィルターを挟み込み、フタをしたら完成です。

20℃〜24℃の環境下で、通気をよくするためにビンとビンとの間をあけて保管してください。4〜7日間で白く菌糸再生します。20℃以下の低温環境の場合は菌糸再生が遅くなります。

菌が白く再生し、発熱がないことを確かめてから、幼虫を入れて下さい。

→ 詰め替えシリーズTOPへ